ウォーキングで美脚を目指す!

美脚にこだわるなら、やはり運動は欠かせないでしょう。

食生活だけでダイエットをして痩せた場合、一見足が細くなったと思いますが、良く見るとヒザの上にたっぷり脂肪が残ってしまっているのがわかります。いくら細くなってもヒザだけブヨブヨしていたら運動していないのが一目瞭然でしょう。ヒザがすっきりしているかどうかで、見た目の美しさは格段に変わってきます。

ヒザの脂肪をとるには、足を動かす運動が必要になります。運動が苦手な人でも比較的始めやすく続けやすいのが、ウォーキングです。

正しいフォームで成功に導く

ウォーキングには正しいフォームがあります。これができているかどうかで、成果が全然違ってくるのです。

ただ何となく歩いていませんか?前のめりや猫背になりながら歩いても、効果的な脂肪燃焼効果は得られません。

まずはまっすぐに背筋を伸ばしましょう。そして少し胸をはりながら、しっかり目を見て歩きましょう。歩幅は広めに保ち、身体が上下に大きく揺れないように意識します。

足の指、指の付け根、かかとの3点をきちんとつけて離す歩き方で、足を引きずらないように歩きます。

効果的な運動時間・距離は?

よく有酸素運動は20分以上続けないと意味がない、なんてことを言いますが、実はそうでもありません。効率が上がるだけで、時間は5分程度と短くてもきちんとカロリーは消費しています。

いきなり1時間歩く!と張り切っても続きません。燃焼効率などはとりあえず一度頭の中から追い出して、20分~30分程度の負担にならない時間で続けましょう。

特に空腹時はもともとある脂肪から燃焼していきますので、そこそこにお腹が減っている時間に行うといいでしょう。

ダイエットのために重要なのは、歩いた時間よりも距離です。

だらだら短い距離を歩いても脂肪は燃焼してくれません。早足できびきびと、短い時間でも長い距離を歩けるようになれば、自然とダイエット効果があがり、美脚への道が近づきますよ。

きちんとケアでさらに効果的に

効果をさらに高めるためには、きちんとした準備運動、そして運動後のクールダウンが不可欠です。

事前に足の筋肉を伸ばしておくことで筋肉が温まり、柔軟になります。固くこわばったままの状態で歩いても、足に負担がかかってしまい思わぬ怪我につながるかもしれません。

昔学校の体育の授業で、事前に必ず開脚やアキレス腱の準備運動をやらされていた覚えがある方は多いでしょう。あれにはきちんと意味があったんですね。

運動後もしっかり柔軟を行うことで、筋肉の疲労が残りづらくなります。美脚のためにも、前後のケアは重要なんですね。