短期間下半身ダイエットにはスクワットが有効!

ダイエットはモチベーションとの戦いです。なるべく短期間でしっかりと結果を残せるのがベストですよね。そんな都合よくいく方法なんてない……と言いたいところですが、実は効率的に痩せる方法があります。それがスクワットによるダイエットなんです。

腹筋よりもすごいスクワット

スクワットのやり方は簡単です。しゃがんで立つ、を繰り返すだけです。正しいやり方については後述いたしますが、基本動作はそれだけでいいんです。それだけなのに、なんと15回で腹筋500回分もの効果を発揮するのだそうです。

足の裏側全体の筋肉を使うので、1度お肉が付いたら落ちづらいふくらはぎ・太ももの裏側、お尻もきゅっと引き締められます。

しかも腹筋もまんべんなく使うので、気になるぽっこりお腹も改善できますよ。体幹を鍛えられて基礎代謝もあがり、「下半身が痩せやすい身体づくり」が自然にできるんです。むくみの解消にも役立ちます。

スクワットの正しいやり方

このように短期間で大きな効果がありますが、正しいスクワットを行わないと意味がありません。

まず、足は肩幅より少し広めに開きます。次に、両方の手の置き場所は頭の後ろで組んでください。それから、息を吸いながら、ゆっくりと腰を落としていきます。そのときのポイントは、お尻を突き出すイメージで、太腿が床と平行になるようにします。決して、前かがみにならずに、きちんと背筋を伸ばして行ってください。ある程度、腰を落としたら、次にゆっくりと体を起こしていきます。

これを数回、繰り返していくだけです。最初のうちは、きついと感じたら少しずつ行う努力をして下さい。そして、慣れてきたら1回に行う回数・セット数を徐々に増やしていきます。辛いと感じても、毎日少しずつでも続けることで効果が出やすくなります。

フォームを間違えるとかえって太る?

全然効果が出ない、むしろかえって足が太くなってしまった、という方は、フォームが間違っている可能性が高いです。

フォームが間違っていると、足がかえって太くなるだけではなく、ひざや腰を痛める可能性もありますので注意しましょう。

注意すべきポイントは、つま先が外側に向きすぎていないか。前のめり、または後ろに重心がいきすぎていないかです。この3点を気を付けないと、効果は半減するだけではなく、余計な場所に負担がかかってしまいます。

足を絶対に太くしたくない!という方には、より足を肩幅よりも外側に大きく開き、つま先も45度外側に向けておこなうワイドスタンススクワットがおすすめです。ポイントは太ももの裏側が床と平行になるくらい腰をまっすぐ沈めること。ぜひ試してみてくださいね。