食事でむくみを改善して痩せる方法

ダイエットの大敵、それはむくみです。

むくみはセルライトの原因にもなるといわれています。

むくみの原因も過剰な水分がたまって老廃物の排出が上手くいっていない状態です。セルライトは脂肪細胞に老廃物がたまったものですので、この2つは密接に関係しているのです。

むくみやセルライトは必ずしも太っている方だけがなるものではありませんが、解消できればそれだけで下半身がスッキリして見えます。

カリウムでむくみ解消&代謝UP!

老廃物が排出できず、むくんだりセルライトができたりするのは、代謝が落ちていることが原因です。代謝をあげるためには、まずはたまりっぱなしの老廃物をきちんと排出できる体質に戻さなければなりません。

そのためにはカリウムの摂取が有効とされています。カリウムには細胞間の水分、浸透圧を調整するパワーがあります。余分な水分・塩分を輩出する力が高まることで、むくみが改善できます。

むくみが改善すれば、圧迫されていた下半身の代謝がよくなり、効率的にカロリーを消費できるようになります。

つらい冷え性の症状も改善できるそうですよ。

カリウムを効果的にとれる食事

効率よくカリウムを取れる食材は、野菜や果物にあります。

まずはアボカド。1個食べれば成人女性に必要なカリウム量の約半分を摂取できます。サラダで気軽に食べられるのもポイントです。非常に栄養価が高いのもよい点ですが、カロリーも高いのでカロリーオーバーにならないように気を付けましょう。

次に和食でおすすめなのが切り干し大根とほうれん草のおひたし。切り干し大根はカロリーも低く豊富なカリウム量ですし、ほうれん草には女性に必須ともいえる鉄分も含まれています。大豆もカリウム量が多い食品ですので、煮豆やきなこなど、バリエーション豊富なメニューに活用できます。

デザートで選ぶならバナナがおすすめです。カリウムだけではなく食物繊維が豊富ですので、お通じをよくすることができますよ。

塩分を控えた食生活を

カリウムを摂取することで余分なナトリウムを輩出することができますが、そもそも塩分を控えめにしていれば、むくみもおきづらくなります。

日本人は日々の食事で塩分を多めにとってしまう傾向がありますので、意識して薄味の食べ物を中心にして、塩分の多いレトルトやインスタント食品、お惣菜などは避けましょう。

また、カリウムは基本的に余剰に摂取されてもある程度は勝手に排出されますが、腎臓の働きが弱っていると過剰摂取となってしまいます。食事での接種が難しく、サプリメントなどを頼る場合は、過剰な量にならないよううまく調整しましょう。