女性の永遠のテーマ!下半身ダイエットの方法とは?

女性ならば誰でも美しく痩せたいと思うもの。

ダイエットは女性にとって永遠のテーマだと思います。

だけどなかなかうまくいかないのが下半身のダイエットなんです。上だけならほっそりして見えるのに、太ももやふくらはぎがパンパンになってしまうジーンズ、ぽっこりしてしまうお腹……「あるある!」と思う方も少なくないのではないでしょうか。

ダイエットにおいて下半身ダイエットは最大のハードルなのです。

だけど、負けてはいられません。ほっそり下半身を手に入れるために、厳選の下半身ダイエット方法をご紹介します。

食の喜びは忘れられない方にboocsダイエット

今まで何度も食べられないストレスから結局ドカ食いに走ってしまって挫折してしまった……という方におすすめなのがこのboocsダイエットです。

方法は簡単、3食のうち1回だけ心のままに好きなものを食べる「1日快食」を実践しつつ、他の食事は軽め、もしくはスープやジュースなどの水分中心の食事にすることです。和食を中心に取り入れていくとより効果的です。

とにかく我慢をしない、厳格な禁止事項を作らないことが重要。ストレスを減らすことで、脳の疲労が回復して無駄な食欲が抑制されて、自然に痩せられます。

下半身筋トレで痩せるならスクワットがベスト

ダイエットの基本は代謝を上げることです。そして、代謝を揚げるには筋力を揚げることが重要になります。

下半身をきゅっと引き締めるなら、スクワットがおすすめです。足だけではなくお腹やせ効果も期待できる優秀な筋トレです。

方法は簡単。足を肩幅程度に開き、腕をまっすぐ前に伸ばしてゆっくりと足を曲げて3秒静止。そこからまたゆっくりと体勢を戻すだけです。これを15回ほどを目安に1セットこなします。

筋肉太りを防ぐために、2、3日に1回のスローペースで行うことをおすすめいたします。

太ももダイエット方法はむくみ解消から

筋トレもやっているし食事制限もおこなっているのになぜか痩せない太もも。もしかすると、太って見えるのはむくんでいるでいかもしれません。むくみを取るにはマッサージが有効です。

マッサージは下から「上に向かって」ゆっくりと行います。太ももだけではなく、足裏から太ももまで全体を行いましょう。

またあカリウムにはむくみ解消効果があります。朝食代わりにカリウムが豊富なバナナを食べてみてはいかがでしょうか?

血行が悪いままでは結局またむくみやすくなってしまいますので、1日に少しだけでもいいので、ウォーキングなどの有酸素運動を一緒に行うことがおすすめです。

お手軽?水ダイエットの方法と効果

水ダイエットは読んで字のごとく、水を飲んでダイエットする方法です。水だけ飲んで断食する、というわけではありません。水を飲むことで代謝をあげて、老廃物の排出を促し、むくみを解消。代謝のアップを目指すことができます。

飲む量の目安は1.5~2Lほどです。ただし、1度に大量に飲むとNG。コップ1杯の量を何回もに分けで飲みましょう。

食事前にコップ1杯の水を飲むことで、食べすぎを防止する効果もありますよ。体を冷やしますので、水を飲むときはなるべく常温のものを用意しましょう。寒い季節は温めて白湯にすると良いでしょう。

歪みを矯正!骨盤ダイエット方法

「骨盤が歪む」という言葉をよく耳にしますが、厳密には日根は簡単に変形しませんので「骨盤が開く・傾く」というべきかもしれません。体のバランスが悪いと、おなかがぽっこり見えるだけではなく腰痛など、様々な不調の原因に。壁などに背中を付けて立った時、軽く指を曲げた手がちょうどよく入るくらいの腰の隙間があるのが理想です。この隙間が狭すぎても広すぎてもダメなんです。

腰回りの筋肉を整えることで改善でき、ポッコリお腹もすっきりしますよ。一番簡単な方法としては、フラフープを使うように腰をゆっくり回す運動を、右回り・左回りで数十回行う骨盤回し運動です。

広い場所も必要としない、おすすめの運動です。

食事で考える下半身ダイエット方法

下半身が太ってしまう洋ナシ体型にお悩みの方には、糖分や脂分を機にかけていても、意外と塩分は気にしていない方が多いのではないでしょうか?

実は塩分が多めの食事をとることでむくみが加速、身体の中に余分な水分がたまってしまいます。ため込んだ水は重力に従い下へ……つまり下半身にたまってしまうんです。カフェインも良くありませんので、コーヒー好きは要注意。

日本人は塩分を多めにとってしまいがちが根意向があります。食事はなるべく塩分は控えめに、むくみの原因であるナトリウムを輩出するカリウムが豊富な野菜・果物・海藻などを食事に取り入れましょう。

水分はカリウムを含み、ノンカフェインの麦茶がおすすめです。

産後太りに!熊田曜子ダイエット方法

産後に太って妊娠前の体系が見る影もなく……という方は多いでしょう。そこで話題になったのが、産後わずか8か月でグラビアモデル体型を取り戻した熊田曜子のダイエットです。

ポイントはいくつか。食事制限はせず、食事を和食中心、味付けを薄めにしてきちんと食べながら総カロリーを減らすこと。

また、しっかり筋力を落とさず運動すること。赤ちゃんを抱えてあやしながらのスクワットや、ジョギングもしていたそうですよ。ジョギングをするときは胸痩せをおこさないよう、さらしを巻いていたとか。

腰を動かすベリーダンスや、体幹を鍛えるバランスボールでのダイエットも行っていたようです。どれも子育ての間の隙間時間で、少しづつできるとことが支持されている理由でしょう。

成功のコツは無理しすぎないこと!

下半身ダイエットは、少し食事を我慢したり、少し頑張って運動したりというだけではなかなか実現できません。

無理をして切り詰めて痩せようとしても、結局ストレスに負けてしまったり、体によくなかったり……。

ダイエットは数日で終わるものではありません、数か月単位で目標を設定して、毎日少しずつステップアップしていくつもりで頑張ると、成果が上がりやすくなるのではないでしょうか?

色々と紹介してきましたが、まだまだダイエット方法はあります。下のページも合わせて読んでみましょう。